TOP > 足立区医師会のご紹介 > 産業医活動のご紹介
産業医活動のご紹介

 


 

<東京都 足立・荒川地域産業保健センター>
 地域産業保健センターは、労働者数50人未満の小規模事業場の事業者とそこで働く労働者に対し、労働安全衛生法で定められた保健指導などの産業保健サービスを無料で提供しています。

 足立区の産業保健センターは、足立区医師会館の1階にあり、次のような業務を行っています。
@健康診断結果に基づく医師からの意見聴取

A脳・心臓疾患のリスクの高い労働者に対する保健指導(※)

Bメンタルヘルス不調の労働者に対する相談・指導(※)

C長時間労働者に対する相談と個別面接指導(※)

D産業医名簿・産業医マップを作成するなどの情報提供

・ 各サービスのご利用にあたっては、足立・荒川地域産業保健センター

 への事前の申し込みが必要です。

・ ※印の相談対応は、1事業場あたり年間2回まで、労働者一人あたり

 2回までを限度とします。 

 
<産業医とは>
 産業医の目的は、「産業医学の理念および労働衛生に関する専門的知識・経験に基づいて、労働者の健康障害の予防と心身健康の保持増進を図るため」(日本医師会認定産業医倫理綱領より)にあります。
 日本医師会や各都道府県および地区医師会などが企画する講習会を受講して、50単位以上の基礎研修を受けると、「日本医師会認定産業医」となり、産業医活動に従事する資格が与えられます。この資格は5年ごとに生涯研修20単位以上を習得して、更新されます。
 

<産業医の選任>
 労働安全衛生法により、常時50名以上の労働者が働く事業場では、産業医1名を選任することが義務づけられています。

この場合は嘱託医でも構いません。
 1,000名以上の事業場、または有害業務のある500名以上の事業場では、専任の産業医「専属産業医」を1名選任しなくてはなりません。
 一般的には事業場の近くの医療機関に委嘱されることが多く、事業者との委嘱に関する契約は、医師会をとおして、正式文書で契約を結んでいます。

 

 

 

Copyright(C)2004 AdachiMedical Assosiation. All rughts reserved.