TOP > 感染症・保健情報 > 足立区内感染症情報



−足立区内医療機関および保育園・幼稚園・学校等関係 各位−
 

麻しんの診断を行いましたら、足立区医師会(03-3840-2111)または、

和田小児科医院(03-3884-2301)までご連絡願います。

※下記全数報告と合わせて、今までどおりの方法でもご報告くださいますようお願い致します。

− 各医療機関 各位 −

@

※平成20年1月1日より麻しんまたは風しんの全数報告となりました。

麻しんについては、診断を行った医師は7日以内に届出をしていただくこととなっておりますが、麻しんに対するより迅速は行政対応に資するため、麻しんを診断した医師は24時間以内を目処に最寄の保健所への届出を行っていただくようお願いします。風しんについても報告をお願いいたします。

※保健所届出用紙(PDF)

A 臨床診断例については、届出後であっても可能な限り検査診断を実施し、その結果について最寄の保健所に報告していただくようお願いします。
B

足立区医師会(03-3840-2111)または、和田小児科医院(03-3884-2301)に

ご連絡願います。

 マダニが媒介する感染症「日本紅斑熱」に注意しましょう!  

静岡県公式ホームページより 更新日:平成29年10月6日

 

〜静岡県東部地域で「日本紅斑熱」で2例が死亡〜

 

9月に入り、県東部地域で「日本紅斑熱」が5例発生しており、そのうち2例が死亡事例となっております。

 

5例とも、医療機関からダニが媒介する感染症の疑いがあるため東部保健所に連絡があり、環境衛生科学研究所で検査したところ、「日本紅斑熱」陽性と判明しました。

 

日本紅斑熱とは、日本紅斑熱リケッチアという病原体を保有するマダニに刺されることで感染し、重症化した場合には死に至ることもある感染症です。

 

特にマダニの活動の盛んな、春から秋にかけて注意が必要です。

 

秋もマダニの活動は盛んであることから、レジャーや農作業などで、野山や草むら、畑などに入る場合は、長袖、長ズボン、足を完全に覆う靴を着用し、肌の露出を少なくするなどして、マダニに刺されないように注意してください。

 

万が一、マダニに刺された場合は、数日間体調の変化に注意し、発熱等の症状が見られたら、早めに医療機関を受診し、マダニに刺された可能性があることを伝えましょう。

 

 

出典: https://www.pref.shizuoka.jp/kinkyu/madani291006.html

 

― 足立区立 保育園・小学校・中学校等 登校・登園許可証 ―
 
足立区医師会感染症サーベイランス委員会
足立区                      
Copyright(C)2004 AdachiMedical Assosiation. All rughts reserved.